チャットレディという仕事が本当に稼げるのかガチで試してみた話

お風呂でチャットするイメージ

知っていますか?アイディアや閃きに困ったら私がまずする行動。それは大自然にあふれながら川の流れをただひたすらぼーっと眺め、マイナスイオンを肌で感じることである。しかし、比較的都会よりに住む者としてはこの大自然に気軽に足を運ぶことができない状況だよ困っちゃうなんて方は少なくないはず。でも大丈夫、そんな時はすぐお風呂場に向かってみよう。マイナスイオンなんてものは水場があればどこでも発生するもの。つまり、新しい発想、アイディアを生み出しやすい環境はアナタのもっとも近い距離にあったわけなのだ。今日も私はチーク製の自作バスブックスタンドでお風呂場からブログを書いています。

というわけでお風呂場ではヌードで汗びしょびしょな私ですが、なんだかブログがスラスラ書けているいる気がしています。というかもう、水場とか関係ないんじゃないか、脱いでいる事にテンションが上がっているんじゃないか、裸を沢山見られる妄想をして興奮してるんじゃないか?なんて思ってきた私は勢いあまってアダルトチャットレディを始めてみることにしたのだ。今日はそんな私のチャットレディライフな話。

 私なりのチャットレディとは?

まずチャットレディがどんな仕事なのかを私なりに書いてみる

チャットレディでまずやってはいけないこと、それはお風呂場から気軽に応募をしてはいけないアルバイトだ。なんせ意外としっかりしているんだもの。少なくとも、私が応募した通勤チャットレディ求人は全国展開をしている超有名店だったからか、スタッフも一人一人の対応が丁寧で、説明も事細かく頭の悪い私も「チャットレディ丸わかり」となってしまうほどの、説明のプロだった。有名店ということは後で調べてわかったことだが、正直ここのグループじゃなかったら私は即刻仕事を辞めていただろう。

気になる仕事内容

チャットレディには、アダルトチャットノンアダルトチャットマダムチャットという3種類のサービスにわかれている。

どれもよくわからないが、アダルトというのは若干抵抗があるところ。ただ、当然仕事内容によって給与はかわってくるだろう。エッチな行為をしないよりはした方が稼げるだろう、そんなことは素人の私でもわかることだし、スタッフも言っていた。私の場合、多少のアダルト行為はOK、でも全裸はやりたくないよ!NG!ということを伝え、提案された作戦が、アダルトチャットをしながら、ソフトなパフォーマンスを行うということ。

「え~超不安」「何すんの?安全なの?」「怖いしね」などと、ネガティブなことばかりを考えていても仕事ははじめられない。肝心なのは、まず私自信の目的が明確であること。そう、目的を決めようと思った私は「1日の出勤6時間で2万円を稼ぎたいけど、おっぱいは見せたくない。」これ以上は譲れない。この条件でなんとかお仕事させてもらえないかと頼み込むと、「では、見せても下着までにして会話重視で稼ぎましょう^^」と優しく対応してくれた。

仕事をしてみる

面接が終わり、チャットブースへ案内されると、そこは6畳くらいの洋室に素敵なインテリアでパソコンとソファがセッティングされていた。パソコンの横にはお菓子やのど飴が置いてあり、お部屋の壁紙にはプリクラ機のようにカーテンを変更できる装置があったり、撮影用の照明器具もある。イメージ的には、北欧ナチュラル空間といった清潔感満載のお部屋にチャット用の機材を設置されているお部屋。パソコンをつけ、まずはプロフィール写真というものを撮るらしい。自撮りに慣れていない私にとっては最初にぶつかった大きな壁であり、最大の難関でもあったが数十枚撮影した後、厳選された1枚を選定。奇跡の写真が撮れた。

プロフィール写真を設定したら、すぐに仕事を始められるのがチャットレディ。まずはお仕事開始ボタンを押して、ソファに座りながら男性ユーザーの入室を待ちます。これをチャットレディ用語では待機と言うらしい。待機中はなるべく姿勢を良くし、表情柔らかくニコニコお客さんを引くのがコツである。

男性ユーザーは変態ばかりくる

生身の人間を相手にする仕事とは違い、チャットは映像(バーチャル)での応対にもかかわらず、男性ユーザーは1時間に1万円や2万円のサービス料金が発生する。そんな高いお金を払って実際に会えないし、触れないのにそれでもユーザー数は絶えない理由がこれである。つまり、男性ユーザーは画面越しのチャットレディに対して「脱げ」「おっぱい見せて」等という要求をして自分の欲求を解消しようという方が7割、残り3割が普段の仕事の愚痴や、世間話をして夜な夜な癒されにきてるお客さん。アダルトチャットでもノンアダルトチャットでも基本的には同じ男性ユーザーなので、ルールはあってないようなもの。

売上に対して給与が決まる

今日働いた分の給与は今日の売上によって確定するらしい。ちなみに私の初日働いて発生した売上は120,000円だった。ここから、30%が私の給与になるので、36,000円を日払いで持ち帰ることができる。※源泉徴収等をひかれたりするので、正確には若干少ない。そしてチャットレディは、厳密にはアルバイトではなく、個人事業主扱いとなるらしい(私が働いたお店では)ので、源泉徴収は差し引かれるが、確定申告は自分で申告しないといけないらしい。面倒な場合は有料で顧問税理士に依頼することも可能。年間でだいたい2万円ぐらい。

目的は達成できたのか?

まず、日払いで35,000円程受け取ったので目的の1日に2万円以上稼ぐというミッションはクリア。しかし、7、8人目くらいお客さんが超しつこかったためブラを脱いで一瞬乳首が見せそうになってしまった。ブラも乳首も対してかわらないんじゃないか と思うかもしれないが、その問題よりもこれは自分自信のプライドの問題。お金を稼いでも魂は売りたくない。そんな時、すかさずスタッフが助けてくれたのだ。「そんな最初から見せたくない!」とハッキリお客さんに言ってみて☆というカンペ通りに応対していくと、すんなり引き下がってくれた。ハッキリ言ってもいいんだ。チャットは直接会わないから、クレームも何も恐れることはない。ようするにお客さんさえ逃さなければ何をしてもいいものなんだ。スタッフが親切丁寧にチャットの戦略やテクニックを教えてくれたからできたが、在宅で一人で仕事をしようとしたら100%無理だっただろう。

居酒屋で安く楽しく飲むための方法

のどごし生

仕事でストレスがたまった後は、大好きな仲間と居酒屋でたくさんお酒を飲んでストレス発散する人も多いですよね。適度なお酒は私達をストレスから解放してくれます。しかし、毎週のように居酒屋に行くのは結構お金もかかるもの。気付けば給料日前に財布がすっからかんなんてことも。こんな寂しいお財布にならないように、居酒屋では「安く飲むコツ」があります。皆さんもぜひ、挑戦してみてくださいね。

居酒屋店員と仲良くなる

居酒屋店員と仲良くなると、意外と沢山のサービスをしてくれることがあります。食事系でサービスしてくれたり、ボトルを格安提供してくれたり、無料にしてくれたり・・・。総額でみると1000円以上浮いていたなんてこともザラです。よく行くお店程、沢山サービスしてくれますので行きつけのお店を作ることをおススメします。チェーン店よりも、小さ目で店員とお客さんが近い感じのお店の方がサービスしてくれる可能性は高いです。店長の裁量がききますからね。ちなみに、店長さんと仲良くなるのはおススメですよ。小さ目の居酒屋だと店長さんも積極的に接客に入っていますので、仲良くなっちゃいましょう。

クーポン券は最大限に活用する

最近はケータイで沢山クーポンサイトがありますよね。ホットペッパーやぐるなびなどには、数多くのお店が掲載されています。10パーセント割引であったり1000円オフであったり。飲み放題時間延長であったり、割引サービスのタイプは様々です。女性であれば一人当たりのお会計が少な目に済むこともあるので、その場合は10パーセントオフなどよりも1000円オフなどの方がいいですね。よく、10パーセントオフなどのクーポン券はあるのですが実際そこまで安くなりませんから。私はいつも違うタイプのクーポン券を使っています(例えば飲み放題5品3500円→2500円など)。こんな感じのクーポン券は結構お得ですよね。色々と探してみてください。私はいつも、クーポンサイトはホットペッパーを使っています。一番見やすい印象です。

上司と飲みにいく

お酒が飲みたくて飲みたくて仕方ない場合は上司と飲みにいっちゃいましょう。でも、ドケチ上司はNGです。それなりに羽振りのいい上司を見つけて一緒に飲みに行きましょう。全額とはいわずとも、多く出してくれる人がほとんどだと思います。沢山飲んだ後は上司とはお別れして、浮いたお金で一人で飲みなおすもよし、友達を誘って飲みなおすもよしですよ。

働きながら転職活動をするにあたっての注意点

寂しそうなサラリーマン

私は何度か働きながら転職活動を行った。今の会社はなんだかんだ良い会社な気もしてきているけど、それは今になってやっと思えたこと。今まではどう頑張っても、そのように思うことは出来ませんでした。私が働きつつ転職活動してみて、思ったことやコツをいくつか紹介したいと思います。

転職活動をしていることは会社には極秘で

転職活動をしていることが分かると「こいつはいつか辞めるんだ」と思われて待遇が悪くなる可能性があります。会社のパソコンで転職サイトを見るのもNG です。管理部などで見られている可能性がありますので気を付けましょう。次の転職先が見つからず、そのままの会社で居座ることになった場合にとても人間関係がめんどくさいことになる可能性があります。転職先が見つかってからの報告にしましょう。

面接の日は要注意

面接の日は会社の休みの日か時間が合わせられる時にしましょう。急に行けなくなるというのはとてもイメージが悪いです。仕事後の時間に設定したりすると急な残業で行けなくなる可能性も多いです。また、今の会社の休みと次の会社の休みがほとんど一緒で、面接日が設定できないという場合もあると思います。その場合は有給を使ったり、場合によっては冠婚葬祭を理由に休んでもいいのではないのでしょうか。確実に行ける日を選んだ方が無難だと思います。

次の仕事をはじめる日

めでたく次の仕事が決まって次の会社に行く場合、次の仕事をはじめる日は気を付けましょう。おそらく引き継ぎなどもあるので、急に辞めることが困難な場合が多いです。余裕をもって設定した方が良いと思います。引き継ぎなどで入社日が遅くなる場合は、その旨をあらかじめ面接で相談しましょう。決まってから次の会社に迷惑をかけてしまうのは良くないです。

面接では今の会社を悪く言わない

面接で今の会社を悪く言うのは絶対NGです。実際は不満を持って辞める人がほとんどだと思いますが、それは心にしまっておきましょう。面接官も分かっているとは思いますが、面接でさえポジティブなことを言えない人と働きたいと思ってくれると思えません。ステップアップしたい、今までのノウハウを生かして新しい業界にチャレンジしたいなど前向きな言葉を言えるように努力しましょう。

働きながらの転職活動は精神的にも疲れてしまいますが、ある程度長めのスパンで転職活動期間を設定するといいかもせれませんね。焦らず、じっくりやることが良い転職先に巡り合うコツだと思います。