Category Archives: 裏話

更新の時は家賃交渉をしてみよう

電話中ほとんどの賃貸は2年ごとに契約の更新がある。地域によってさまざまだが、関東圏の更新手続きは家賃の1か月分の更新手数料と、書類の取り交わしが行われる。この時ほとんどの不動産会社は郵送と振込で更新の手続きを契約者と取り交わすので、そのままスルーされがちだが「賃料交渉」が出来るということを忘れてはならない。

契約更新の際は絶交の賃料減額交渉のタイミング

まず、郵送で更新の案内が送られてきたら不動産会社に電話をして賃料減額の交渉を始めよう。その際にただストレートに「下げてください」というよりも「引っ越しを考えてて・・家賃が高くて・・」と相談するようなニュアンスで担当者に伝えるのがポイントだ。担当者に大屋さんと交渉してもらえるよう「相談」してみよう。

同じマンションで募集の出ている部屋の賃料はすかさずチェック

今はよっぽどいい物件でない限りなかなか入居者が決まらないので、大屋さんも賃料を下げる傾向にある。特に長らくその物件に住んでいる人は要注意だ。いつの間にか、隣のお部屋と1万円以上の差がついているなんてこともよくある話なのだ。なので、同じマンションで誰かが引っ越した場合は物件情報サイトで賃料をチェックしたほうがいい。1000円でも差がついてる場合はそのことを引き合いに出して賃料交渉に臨むとうまくいきやすい。

角部屋や階数によって賃料は変わる

もちろん自分の部屋が角部屋で、隣の部屋が中部屋であれば、角部屋の方が賃料は高くなる傾向にある。また階数によっても違う。1階と2階だと2階の方が高くなる傾向になる。なので、物件情報サイトで賃料をチェックするときは物件の間取りや階数もしっかりチェックしたうえで不動産会社に連絡した方がいい。

嫌な入居者よりも良い入居者の方が下がりやすい

不動産屋に勤めていると、毎日のようにクレームの電話がかかってくる。不動産業はクレーム請負業といっても過言ではないのだ。しかも、毎回クレームをつけてくる入居者は同じ人が多い。電話がかかってきて「またこの人か」となる。はっきり言って不動産会社はそんな入居者には賃料を下げてまで継続して住んでほしいとは思わない。なので実は大屋さんに相談もせずに相談したふりをして「大屋さんに相談しましたが、ダメでした」とわざと時間をおいて回答していることもおおいのだ。その逆で良い入居者にはもちろん長く住んでいてほしい。何事も、喧嘩ごしにならずにマイルドな対応を心掛けることが大切だ。

もちろん大屋さんが厳しい人で、相談してもダメな場合だって当然ある。大切なのは、更新の際に黙ってそのまま更新をするのでなく不動産会社の人とコンタクトをとってみることだ。

不動産会社に入社する際に気を付けた方がいいこと

仕事中眠る女性

私が不動産会社に入社して感じたことを、色々とご紹介していこうと思います。

半端ない残業

残業はあるとは承知していたが、想像以上だった。繁忙期は毎日22時くらいまでパソコンに向かう他、遅い時間から物件の案内にも行かされた。女性も男性も関係なし。真っ暗闇の中、慣れない道を通るのは結構怖かった。それでも、女性の私は22時くらいには返してもらえたが、男性は毎日24時くらい(終電くらい)まで残っていた。本当に体力だけでなく精神的にもやられる。ちなみに、4月に入社して8月までに3人同期が辞めた。私も速攻辞めるだろうと思っていたが、何故か長い間会社にしがみついている・・・。

給与は同年代より多め

残業代は出ないが、ボーナスは頑張った分だけ成果として反映されるシステムだった為、20代のうちは同年代よりは年収が良かった。大体430万円くらい。25歳でこの金額は結構多い方だった。いつも「いつ会社を辞めよう」とか、そんなことしか考えていないが、ボーナスを貰うとふりだしに戻る。また、ボーナスが欲しいから頑張ろうと。それがこの会社の戦略なのかもしれない。

土日休みの友達とは疎遠になる

しかし、残念なことに冠婚葬祭以外は基本的には土日の休みはもらえない。家を探しに来る人は大体土日がメインだからだ。土日休みの人とは疎遠になることは避けて通れない道だと思う。不動産合コンという言葉があるくらいだった。不動産会社の人は土日休みの人とは中々会えないから同業の人とカップルになることが極めて多い。現に私の会社も社内恋愛はとてつもなく多い。私の同期も大学時代に付き合っていた人とはほとんど別れた。それくらい会う時間が無い。私は、1か月に1回、結婚式か葬式か嘘の理由を作って時間を作っていた。本当はいけないのだけど、それが通用する店舗だったのが唯一の救いだったのかもいれない。当時の店長には今は感謝している(当時はとても嫌いだったけど・・)。

 車の運転は必須

車の運転技術は必ずといっていい程必要になる。家の案内をするので、わからない道やはじめての道も走ったりする。住宅街は狭い道が多い。これがはじめて行く道となると結構な確率でぶつけてしまったりする。なので、入社までの期間は車の運転は練習しておいたほうがいい。入社後に事故を起こすと車の修理代は自己負担分も大きい。中にはボーナスが修理代で消えたという人もいるので、車の運転の練習は念入りにしておいた方がいい。