Category Archives: 就職活動

ブラック企業には引っかかるな!ブラック企業を見分けるコツ

リレキショ私は今の会社に入社する際、何か月も就職活動をした経験があります。就職氷河期だったので、かなり過酷なものでした。周りでは就職を諦めた友人が何人も居ます。また、今回のテーマでもある「ブラック企業」に入社してしまい、数か月で仕事を辞めることになった友人も多数いました。一度会社を辞めてしまうと、就職活動がさらに難しくなります。しかし、ブラック企業には特徴があるので、その「特徴」つかめば、ある程度最初の段階(エントリーの段階)で見分けることが可能になると思います。今回はその「特徴」をいくつかご紹介していこうと思います。

募集人数が既存の社員並に多い

募集人数が既存の社員並みに多いということは離職率がとても高いということです。入社して半年後には同期は半分以下・・・。なんていう話も珍しくありません。大量に人を採用して、残る人だけ残ればいいというスタンスなんでしょうね。このような会社は社員が辞めるのを前提で大量採用しているので、ハードなノルマを提示したり残業を強要したり社員をとにかくこき使う場合が多いです。そして耐えられなくなった社員から徐々に辞めていき、気付いたときにはほとんど同期が辞めていたというパターンが非常に多いです。

「若手社員の活躍」などのうたい文句

このようなうたい文句をつける会社は会社の歴史が浅い会社が多いです。設立して間もない会社は「イケイケドンドン」で突っ走る傾向にあります(もちろんそうでない企業もありますが・・・)。なので残業は半端ない時間になりますし、休日も少ない傾向にあります。社員の安定よりも、まず会社が成長することに趣を置いているので、生活の安定(ワークライフバランス)を求めたい方は注意した方が良いでしょう。

高い離職率

離職率が高い会社は高確率でブラック企業です。ブラック企業は社員が辞めていくというのが日常茶飯事です。なので、特に引き止めませんし、残る人だけ残ればよしという考えの会社が多いので必然的に離職率がとても高くなります。転職する際は、色々な口コミ情報サイトを利用しながら「離職率」は絶対にチェックした方が良いでしょう。企業のホームページなどでは都合の良いことしか書かれていないので口コミサイトが一番参考になります。

アットホームな社風を強調

アットホームな社風・・・他に強調出来るような会社の特徴や福利厚生がないから「アットホーム」を強調する会社が非常に多いです。アットホームと書かれているから「風通しの良い会社」と考えるのは間違いの場合が多いので注意した方が良いでしょう。

就職活動を成功させるために大切なこと

就職活動中

以前ブログで就職活動にとても苦労した話を紹介した。今回は就職活動を通して学んだ、「就職活動を成功させるために大切なこと」を紹介していく。

自己分析はとても大事

私の大学は小さい大学ながらも、就職活動に手厚いサポートがあることで多少なりとも有名だった。大学での就職セミナーで耳にタコが出来るほど聞かされたフレーズ「自己分析」。セミナーに行くたびに「自己分析をなくして就職活動の成功はない」と言われてきた。けれど大学をハナから信用していなかった私は、全く聞く耳を持たなかった。「自己分析とかめんどくさい」としか思っていなかった。結果、面接時に大学在学時に自分のやってきたこと、卒業後(就職後)やりたいことが全くつながらない。話にまとまりが出ないので、面接でうまくしゃべれない。最終的に採用までたどり着けないの繰り返しだった。

紙に自分の好きなこと・興味のあることを書き出してみよう

めんどくさいまずと思われがちな自己分析だが、実は意外と簡単に出来るのだ。まず、紙を用意しよう。紙に自分の好きなことや、今興味を持っていることを書き出してみよう。本当になんでもいい。女子であればネイルでもプチ整形でも「こんなものでもいいの」って思うものまで、とりあえず書き出してみる。沢山書き出すことで、そこから見えてくるものが絶対にあるからだ。

次にやってきたこと(アルバイトの経験やサークル活動など)を書き出してみよう

例えば「ボランティア活動」とかであれば何だか面接時にも好印象な気がする。でもここでは「サークルの飲み会では盛り上げ役になることが多かった」「パチンコ屋さんのアルバイトを大学時代ずっと続けていた」など、面接時に言いにくいことでも書き出してもらって良い。思いつくだけ書いてみよう。

つながりを考えよう

最初に書き出した「好きなこと」というのは、今後やりたいことにつながってくることが多い。そこを見直すだけでも面接時にアピールできることは山ほど増えてくる。書き出すことで色々と見えてなかったものが見えてくることも多い。自分に向いている職種もわかってくる。私のように、無駄に就職活動に費やす時間も減ってくるだろう。

自分を見つめなおそう

「自分を見つめなおす」といっても難しいように感じる。しかしこの「自己分析」やることによって、自分の見えなかった姿が見えてくることも多い。就職氷河期の今、自己分析を完璧にやったからといって希望の職業に就職できる保証はないのだけれど、やっておくに越したことはないと思う。

地獄のようだった就職活動

面接

就職氷河期と言われるこの時代。私はリーマンショックの影響をもろに受けることになった、残念な年の就職活動生だった。私たちのひとつ上の学年の人たちは、4流大学でも銀行員などの人気企業に就ける時代。私達も当然安泰だと思っていた。

面接でしゃべれない

就職活動を始めたのは大学3年の夏。面接が始まったのは大学3年の冬だった。地獄のように寒いのに、薄手の就活スーツを着て面接会場に向かった。そこで直面した現実「私、しゃべれない・・」。おしゃべりが好きだった私は、何とかなるだろうとたかをくくり模擬面接なども受けずに会場へ向かった。そこで、撃沈。なにも言えずに泣いて帰った記憶だけ残る。おそらく、私も大学時代に何かこれといった活動などをしていたら何かしら話せただろう。しかし、大学時代の私はバイトを転々とし、飲み歩く毎日。苦学生ならぬ腐学生だ。この時、はじめて人生を後悔した・・・。

大手企業しか受けていなかった

それでも大企業に受かるという夢は捨てきれず、名の通った企業ばかりうけていた。1次は通ることがあっても筆記で落ちるの繰り返し。それもそのはず。ある企業で、となりに座った人たちは名の知れた私立大や国立大。私は恥ずかしくて自分の大学なんて言えなかった。もちろん、筆記が受かるわけもなくそこで終了。しかし1つ上の先輩たちは、このレベルの企業に就職していた人も多かったので「いつか受かる」という気持ちで無駄に前に突き進んでしまった。そんなことをすていたら月日は過ぎ、大学4年になってしまった。

中小企業にシフトする

私には一緒に就職活動を共にしていた相方がいた。その人も大企業志望だったので、私と同じような大企業ばかり受けていたが、私は早めに中小企業にシフトした。3か月間本気で就職活動をしてみて、やっと私には大企業は厳しいということに気づいた。本当にあと少し早く気づいていればもう少しいい企業に就職できていたきがする・・・。私は大学4年になると同時に中小企業にシフトしたので、四月末に内定を得た。しかし、大企業志望だった相方は8月まで就職活動地獄から抜け出すことが出来なかった。結局夏前に中小企業にシフトし、内定を得ることが出来た。このころになると、きまっている人・きまってない人が分かれるので温度差も出てくる。決まっていない人へのフォローというか心配りはしかっりしてあげないと可哀想だ。

なんだかんだ決まったが・・

なんとか、卒業後にフリーターは免れた私だが、もっと早くに自分の実力を見極めていれば、もっと自分にあった企業を見つけられたのではないかと思っている。就職活動をする際は、なによりも自己分析が大事ということが身に染みて分かった。