Category Archives: スーパーレジ

こんなお客さんは嫌だった~スーパーレジ編~

お金

どんなアルバイトをしていてもいいお客さんもいれば、嫌なお客さんもいますよね。今回はスーパーのレジで働いてた時に出会った「嫌なお客さん」をご紹介します。

名札をまじまじと見るお客さん

結構いるんです。私が商品をレジを通しながらカゴへ置いている時、詰め方が気に食わないのか、名札をまじまじと見てくる方が。いかにも「クレームつけますよ」的な顔をしてくるんですよね。こちらとしても、見て見ぬフリをして、そのまま作業を続けますが気分は悪いですよね。レジの人もパンや豆腐は潰さないよう気を使って入れているつもりなので、少しのミスは目を瞑ってほしいところです。もちろん金銭的なミスは無いように最大限気を付けなければなりませんが。

レジ袋を大量に持って帰るお客さん

よくいます。ちょっとしか買わないのに3枚も4枚も持って帰る人。いったい何に使っているんでしょうか。レジ袋のようなビニールの袋は普通に100枚入りくらいで100均に売っています。それぐらいの出費くらいケチらないで欲しいですよね。私が働いていたスーパーはレジ袋が無料なので、このような人がよく現れます。今は有料のところも増えてきているので、無駄に持って帰る人は5円くらい払ってほしいと思います。

お会計のあとで「お金なかった」と言ってほとんど買わずに帰るお客さん

ちゃんとお買い物に来る前に財布を確認してほしいですよね。何分もかかってレジを通すのに、いざお財布を開けたらお金がないのでやっぱやめたとなる人。実際に結構います。取りやめになった商品はレジの人がひとつひとつ売り場に戻すんです。品出しの人でもない限り、レジの人は売り場を把握してない人がほとんどなので戻すのにとても時間がかかってしまいます。あと、これはしょうがないのかもしれないのですがボケてしまったおじいさんやおばあさん。本当によくある話なので、おうちの人などがしっかり見てあげてほしいですよね。何も買えずに帰っていく姿はなんだか可哀想です。

お釣りを返す時、手を握ってくるお客さん

何人かいました。反応に困るので、本当やめてほしいです。あと、セクハラまがいのことを言ってくるお客さん。なんなんでしょう、寂しいんですかね。

今回は「嫌なお客さん」を題材にしてしまいましたが、もちろん良いお客さんも沢山います。映画券をくれたり、お菓子をくれるお客さんもいました。何か欲しい訳ではないですが、こちらも頑張って働いているので嫌な対応は謹んでほしいのが本音です。

 

私には向いていたスーパーレジのアルバイト

野菜

スーパーのレジというと、少しダサいイメージがある。ただ、コンビニみたいに色々な仕事をしなくてもいいし、暇なときはレジに立っているだけでいい。足が痛くなることを除けば、私にとってはラクなアルバイトだった。

2つのスーパーでアルバイトをした

時期は違うが、2つのスーパーでアルバイトをした。2つともまあまあ大手のスーパーだったので、髪の色などの規則は厳しかった。しかし、入ってしまって半年もすれば少し規則を外れたことをしてもとやかく言われなくなった。アルバイトにもかかわらず、有給がもらえたり、割引で商品が変えたり、惣菜をもらえたりと結構おいしいアルバイトだった。

のんびりの朝イチ平日がおすすめ

スーパーレジのおすすめ時間帯は朝イチか、夜の締めの時間帯である。朝イチはお客さんがまばらでのんびり仕事が出来る。夜は廃棄のお惣菜が貰える。もちろんお店によって全然違うが、私の働いていたスーパーはこんな感じだった。ただ、朝イチでも休日となるとかなり混むので、平日がおすすめだ。ただ、学生の時はなかなか朝に入れない。なので夜に入ることも多かった。よく、夜に貰ってきたお惣菜を次の日のお弁当に詰めたりしていた。消費期限は当日だが、実際なんてことなかった。

足はかなり痛くなった

このアルバイトを始める前に友人から、足がかなり痛くなると聞いていた私だったが、あまり気に留めていなかった。実際やってみると、相当痛くなる。4時間くらい同じところに立っていると足がガチガチになる。この気楽なアルバイトで唯一辛いところといえば、この足の痛さだと私は思う。このアルバイトを始める前には、初期投資として足にいい靴を買うことをおすすめする。私はしまむらで1900円の安い靴を買ったので、足の裏が豆だらけになってしまった。

野菜やその他食品の価格相場が良く分かる

このアルバイトを始める前はキャベツは普段いくらで売っているだとか、マヨネーズは一本いくらだとか、価格の相場が全く分からなかった。アルバイトを始めてからは、レジを打つたびに価格を目にするので野菜の相場が自然と頭に入った。しかも、旬の野菜などもわかるようになる。賢い主婦になるための予行練習が出来た気がする。他のスーパーに行ったときも、野菜が高いか安いかは一目で分かるようになった。また、野菜に限らず処分品などは特売で売っていたりするのでいち早くゲットすることも出来た。

総合的に、スーパーレジのアルバイトは私に向いていた。人によっては品出しの方がいいという人もいるが、自分で考えて行動するのが面倒な人はレジをおすすめする。