Monthly Archives: 9月 2014

You are browsing the site archives by month.

働きながら転職活動をするにあたっての注意点

寂しそうなサラリーマン

私は何度か働きながら転職活動を行った。今の会社はなんだかんだ良い会社な気もしてきているけど、それは今になってやっと思えたこと。今まではどう頑張っても、そのように思うことは出来ませんでした。私が働きつつ転職活動してみて、思ったことやコツをいくつか紹介したいと思います。

転職活動をしていることは会社には極秘で

転職活動をしていることが分かると「こいつはいつか辞めるんだ」と思われて待遇が悪くなる可能性があります。会社のパソコンで転職サイトを見るのもNG です。管理部などで見られている可能性がありますので気を付けましょう。次の転職先が見つからず、そのままの会社で居座ることになった場合にとても人間関係がめんどくさいことになる可能性があります。転職先が見つかってからの報告にしましょう。

面接の日は要注意

面接の日は会社の休みの日か時間が合わせられる時にしましょう。急に行けなくなるというのはとてもイメージが悪いです。仕事後の時間に設定したりすると急な残業で行けなくなる可能性も多いです。また、今の会社の休みと次の会社の休みがほとんど一緒で、面接日が設定できないという場合もあると思います。その場合は有給を使ったり、場合によっては冠婚葬祭を理由に休んでもいいのではないのでしょうか。確実に行ける日を選んだ方が無難だと思います。

次の仕事をはじめる日

めでたく次の仕事が決まって次の会社に行く場合、次の仕事をはじめる日は気を付けましょう。おそらく引き継ぎなどもあるので、急に辞めることが困難な場合が多いです。余裕をもって設定した方が良いと思います。引き継ぎなどで入社日が遅くなる場合は、その旨をあらかじめ面接で相談しましょう。決まってから次の会社に迷惑をかけてしまうのは良くないです。

面接では今の会社を悪く言わない

面接で今の会社を悪く言うのは絶対NGです。実際は不満を持って辞める人がほとんどだと思いますが、それは心にしまっておきましょう。面接官も分かっているとは思いますが、面接でさえポジティブなことを言えない人と働きたいと思ってくれると思えません。ステップアップしたい、今までのノウハウを生かして新しい業界にチャレンジしたいなど前向きな言葉を言えるように努力しましょう。

働きながらの転職活動は精神的にも疲れてしまいますが、ある程度長めのスパンで転職活動期間を設定するといいかもせれませんね。焦らず、じっくりやることが良い転職先に巡り合うコツだと思います。

暇人OLが仕事が暇な時ついやってしまうこと

携帯

くだらない話ですが、暇人OLの職業は不動産業なので、閑散期はとても暇です。一日何をしようかなと考えているうちに半日くらい過ぎていることもざらにります。そんな時、上司の目を盗んで「暇つぶし」をしています。

ケータイゲーム

不動産会社は外回りの多い仕事です。案内や物件の撮影で上司が不在ということはよくあります。一人でお店番なんていうこともよくありました。そんな時、よくやっていたのがパズル系のゲームです。最初は仕事中でなく、通勤時間や空き時間でやっていました。どんどんはまっていき、抑えがきかない状態に。気付けば仕事中もやっていました。パズルゲームって中毒性ありますよね。あまりにもハマりすぎて、寝ても覚めてもやっていたので、最終的にはアプリから消しました。やりすぎには気を付けましょう。

フェイスブックを見る

さすがに会社のパソコンでは見ていませんが、ケータイでちょくちょく見ていました。先ほども書いたように、不動産会社は外回りが多いです。物件の案内だけでなく写真撮影やオーナー回りだってあります。しかし、実際はそんなに時間はかからないことが多いです。あまりにも暇なときは用事をむりやり作って外に出て、ささっと終わらせて車の中でケータイタイムを楽しんでいました。思うのは、私以外の社員も1回外に出ると長い時間帰ってこないことが多いので、意外とみんなサボっているのかもしれませんね。

安いネイルサロンの検索

安いネイルサロン探しは女子の永遠の課題です。ネイルって高いんです。少し凝ったデザインにしようものなら万を超えます。それが1か月に1~2回程。毎月の出費なので、できるだけ抑えたいし、値段が高いから上手というわけでもないです。これと同様に、美容院探しもよく仕事中い行ってました。本当はいけないってことはわかっているのですが・・・

居酒屋探し

週5で飲みに繰り出しているわたしは、これも日々の日課です。安くておいしいお店を見つけるとテンション上がりますよね。よさそうな居酒屋を見つけて予約して退社時間を待つ。時間がたつのが何倍も早く感じます。終われば飲みに行けるという目標もできますしね。ぐるなび、ホットペッパー、ブログなどを駆使していろんな穴場なお店を探すのがとても楽しいです。

色々書きましたが他にも色々とやっているんだろうな(気づかないうちに)と思います。忙しい時は猫の手も借りたいほど忙しいのですが、それも12月~3月まで。それ以外は本当に暇な職業です(個人差があると思いますが・・・)。でも、書いてて思ったのはもう少し仕事はちゃんとやろうということです。頑張ります。

キャバクラで良質なお客さんに指名してもらうための心得

浴衣の女の子

キャバクラで働くにあたってお客さんを獲得することは必要不可欠だ。しかし、中には下心をもろに出してきたりする下品なお客さんもいる。そんな中で良いお客さんに指名されるためにはどうしたらいいか。私なりに検証してみた。

あまり甘え過ぎない

甘え過ぎると、お客さんはこの子もう少し頑張れば付き合えるかもと勘違いする。しかも甘えてばっかりいると、甘えられるのが好きなお客さんしか付いてこない。結果べたべたしてないと指名がとれなくなる。最初のうちはいいがだんだん辛くなる。お客さんも要求がエスカレートしていくので、限度を考えた方が良さそうだ。もちろん、全く可愛げが無いと指名がとれないので、微妙な駆け引きが大切だい。

サバサバキャラでいく

サバサバキャラえいくとイチャイチャ系のお客さんはあまり指名してこなくなる。しかし、サバサバ系が好きな客はお酒を強要してくるタイプも多く、やんちゃ飲みに付き合わされることが多い。友達同士で指名してくることが多いのでアフターにも付き合わされる可能性も高くなる。お酒に弱い人やアフターがNGな人にはあまりおススメしない。

楽しい話を心掛ける

これは基本だが、女の子が楽しい話を心掛けると自然と「この子とは話していると楽しくて元気になる」というお客さんが付いてくる。お客さんは仕事で疲れている人が多い。そんな中、若い女の子に元気を貰いに来るというお客さんも多い。なので、女の子が甘えることで癒すのではなく、元気に励ましてあげることで癒してあげるようにしよう。あまり太客にはならないが、長く続くお客さんになってくれる人が多い。

こりん星的なキャラでいく

なかなか難しいが、お姫様的なキャラでいくことで、お客さんもいちゃいちゃなしで可愛がってくれることが多い。しかもこの手のお客さんは頑張って一位にしてあげたい(A○B的の総選挙的な)という気持ちになる人が多く、結構お金を落としてくれる。しかし、容姿も要求されるので、あまり自分に自信がない人は化粧を見直すかプチ整形ぐらいしてもいいかもしれない。いまどきプチ整形をしている人なんて世の中にゴマンといるので、気軽に挑戦してみてもいいのではないだろうか。

まとめ

要するに、良いお客さんと出会う為には身体目的のお客さんを寄せ付けないことが重要だ。あまりにも下心みえみえのお客さんの相手をするのは精神的にも結構きつい。そして、お客さんとして途切れるのも早い。色々試行錯誤しながら自分に合うお客さんを厳選することがこの業界で長く働くための秘訣である。