引っ越しの際は不動産会社に家賃交渉をしてみよう

アパート

引っ越しに当たって、不動産会社で物件を決める際は忘れずに家賃交渉をしてみよう。物件によっては大幅に家賃が下がることもあるかもしれない。

築年数が古めの物件は家賃が下がりやすい

築年数が古めの物件(特に、築15年以上)の物件は提示されている家賃よりも大幅に家賃が下がることがある。これはオーナーさんの性格にもよるのだが、築年数が古くなると、物件も決まりにくくなってくる。決まりにくくなると、長い間家賃が入ってこないことになる。そうなったとき、少しでも家賃を下げて入ってもらった方が、オーナーにとっても好都合になるのだ。あと、築年数が古くても家賃が下がりにくい物件の特徴としてリノベーション(リフォーム)にお金をかけた物件だ。リノベーション(リフォーム)にお金をかけている物件は築年数が古くても、なかなか家賃は下がらないことが多い。

駅から遠い物件は家賃が下がりやすい

上記と似たような理由になるが、物件が駅から遠いとなかなか入居者が決まらないことが多い。築年数が浅めの物件でも、駅から遠ければなかなか決まらないことが多いので家賃が下がることがある。予算はあまりないけど、新しくて綺麗な家に住みたい場合は駅から遠めの物件を探すと見つかりやすい。ここでいう「駅から遠い」というのは大体徒歩10分以上の物件だ。徒歩9分と徒歩10分だと実際はほとんど変わらないはずなのに、徒歩10分のほうがやけに遠く感じると思う。なので、徒歩10分を超えると物件も決まりにくいので、家賃も下がりやすい。

駐車場も一緒に借りる場合は家賃が下がりやすい

大体物件に隣接している駐車場は同じオーナーであることが多い。物件と合わせて駐車場を借りてくれれば、それだけ多くの収入がオーナーに入ることになる。なので、オーナーからすれば「借りてほしい客」ということになる。なので、駐車場も一緒に借りるということを話に出せば交渉が上手くいきやすい。駐車場を借りる予定がある場合は、駐車場付きの物件を中心に探すことをおすすめする。

最終的には不動産会社の人の腕次第

やはり最終的に家賃交渉が成功するか否かは不動産会社の人の腕によるところも大きい。頑張ってくれる不動産会社のスタッフはとても頑張ってくれるし、あまり交渉に前向きじゃないスタッフが居る会社もある。なので、頑張ってくれそうな不動産会社のスタッフを見極める必要がある。自分との相性のよいスタッフや不動産会社を見極められるかどうかが、良い物件と巡り合えるかどうかのカギになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation