お酒好きの人の為のダイエット方法

ダイエット

以前のブログでも書いたのだが、社会人になってめっきり太ってしまった私はダイエットを決意する。ただ、お酒はやめることは出来ないので「お酒をやめずにダイエット」を根底にダイエットを開始した。

おつまみを見直す

お酒を飲むとどうしても味の濃いおつまみが美味しく感じるのは私だけだろうか。「ポテトフライ」や「もつ煮込み」など、ちょこちょこつまみ始めるとキリがない。何時間も飲み続けていると、何を食べたかなんて忘れていることが多い。実はこの「おつまみ」もお酒好きが太ってしまう大きな原因なのだ。このおつまみを野菜中心にシフトするだけでも大分違ってくる。野菜と言っても多量の油を使った「野菜炒め」などは、あまりおすすめしない。「温野菜サラダ」や「海藻サラダ」などがおすすめだ。

「シメ」をやめる

私はシメが大好きだった。しかも「ラーメン(味濃いめ・とんこつラーメン)」を食べるのが定番だった。これは癖になるとなかなか抜け出せない。お腹一杯なはずなのに何故だか入ってしまう・・そんな恐ろしい「シメ」の一品。これはもう意を決してやめるしかない。急にやめるのが難しい場合は「お味噌汁」などにシフトしてみよう。ラーメンと比べたらカロリーは天と地の差だ。私はこのお味噌汁作戦を使って、シメを食べる習慣を抜け出すことが出来た。

お酒の量を見直す

お酒好きにはこれが結構難しい。出来る場合はチャレンジしてみよう。水割りであれば、お酒と水の割合を少し変えてみるだけでもいいかと思う。アルコールは意外とカロリーが高い飲み物なので、少しづつでも量を減らせることが出来れば原料につながっていく。

奥の手!食べ過ぎたら次の日断食

実はわたしもよくやっていた「次の日断食」。食べ過ぎた次の日は一日食事を抜いて胃の中をリセットするというもの。一見、身体によくなさそうに感じますが胃腸を休めるということを考えれば、決して悪いことではない。ただ、あまりにも辛い場合は低カロリーなものを少しだけ食べるようにしよう。あと、水分は出来るだけたくさん補給するようにする。水分が老廃物を出してくれる役目をしてくれるのだ。

今やダイエットは何百と種類がある。実際、書店でダイエット本のコーナーを見てみても、沢山ありすぎてどれを選んでいいのか分からない。どのダイエット方を実践するにしても、大事なのは「継続」すること。たまに休む日があってもいいと思うが、少なくても2週間は続けてみよう。3日坊主に終わってしまっては、どんなダイエット法も効果を発揮しないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation