こんなお客さんは嫌だった~スーパーレジ編~

お金

どんなアルバイトをしていてもいいお客さんもいれば、嫌なお客さんもいますよね。今回はスーパーのレジで働いてた時に出会った「嫌なお客さん」をご紹介します。

名札をまじまじと見るお客さん

結構いるんです。私が商品をレジを通しながらカゴへ置いている時、詰め方が気に食わないのか、名札をまじまじと見てくる方が。いかにも「クレームつけますよ」的な顔をしてくるんですよね。こちらとしても、見て見ぬフリをして、そのまま作業を続けますが気分は悪いですよね。レジの人もパンや豆腐は潰さないよう気を使って入れているつもりなので、少しのミスは目を瞑ってほしいところです。もちろん金銭的なミスは無いように最大限気を付けなければなりませんが。

レジ袋を大量に持って帰るお客さん

よくいます。ちょっとしか買わないのに3枚も4枚も持って帰る人。いったい何に使っているんでしょうか。レジ袋のようなビニールの袋は普通に100枚入りくらいで100均に売っています。それぐらいの出費くらいケチらないで欲しいですよね。私が働いていたスーパーはレジ袋が無料なので、このような人がよく現れます。今は有料のところも増えてきているので、無駄に持って帰る人は5円くらい払ってほしいと思います。

お会計のあとで「お金なかった」と言ってほとんど買わずに帰るお客さん

ちゃんとお買い物に来る前に財布を確認してほしいですよね。何分もかかってレジを通すのに、いざお財布を開けたらお金がないのでやっぱやめたとなる人。実際に結構います。取りやめになった商品はレジの人がひとつひとつ売り場に戻すんです。品出しの人でもない限り、レジの人は売り場を把握してない人がほとんどなので戻すのにとても時間がかかってしまいます。あと、これはしょうがないのかもしれないのですがボケてしまったおじいさんやおばあさん。本当によくある話なので、おうちの人などがしっかり見てあげてほしいですよね。何も買えずに帰っていく姿はなんだか可哀想です。

お釣りを返す時、手を握ってくるお客さん

何人かいました。反応に困るので、本当やめてほしいです。あと、セクハラまがいのことを言ってくるお客さん。なんなんでしょう、寂しいんですかね。

今回は「嫌なお客さん」を題材にしてしまいましたが、もちろん良いお客さんも沢山います。映画券をくれたり、お菓子をくれるお客さんもいました。何か欲しい訳ではないですが、こちらも頑張って働いているので嫌な対応は謹んでほしいのが本音です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation