キャバクラで良質なお客さんに指名してもらうための心得

浴衣の女の子

キャバクラで働くにあたってお客さんを獲得することは必要不可欠だ。しかし、中には下心をもろに出してきたりする下品なお客さんもいる。そんな中で良いお客さんに指名されるためにはどうしたらいいか。私なりに検証してみた。

あまり甘え過ぎない

甘え過ぎると、お客さんはこの子もう少し頑張れば付き合えるかもと勘違いする。しかも甘えてばっかりいると、甘えられるのが好きなお客さんしか付いてこない。結果べたべたしてないと指名がとれなくなる。最初のうちはいいがだんだん辛くなる。お客さんも要求がエスカレートしていくので、限度を考えた方が良さそうだ。もちろん、全く可愛げが無いと指名がとれないので、微妙な駆け引きが大切だい。

サバサバキャラでいく

サバサバキャラえいくとイチャイチャ系のお客さんはあまり指名してこなくなる。しかし、サバサバ系が好きな客はお酒を強要してくるタイプも多く、やんちゃ飲みに付き合わされることが多い。友達同士で指名してくることが多いのでアフターにも付き合わされる可能性も高くなる。お酒に弱い人やアフターがNGな人にはあまりおススメしない。

楽しい話を心掛ける

これは基本だが、女の子が楽しい話を心掛けると自然と「この子とは話していると楽しくて元気になる」というお客さんが付いてくる。お客さんは仕事で疲れている人が多い。そんな中、若い女の子に元気を貰いに来るというお客さんも多い。なので、女の子が甘えることで癒すのではなく、元気に励ましてあげることで癒してあげるようにしよう。あまり太客にはならないが、長く続くお客さんになってくれる人が多い。

こりん星的なキャラでいく

なかなか難しいが、お姫様的なキャラでいくことで、お客さんもいちゃいちゃなしで可愛がってくれることが多い。しかもこの手のお客さんは頑張って一位にしてあげたい(A○B的の総選挙的な)という気持ちになる人が多く、結構お金を落としてくれる。しかし、容姿も要求されるので、あまり自分に自信がない人は化粧を見直すかプチ整形ぐらいしてもいいかもしれない。いまどきプチ整形をしている人なんて世の中にゴマンといるので、気軽に挑戦してみてもいいのではないだろうか。

まとめ

要するに、良いお客さんと出会う為には身体目的のお客さんを寄せ付けないことが重要だ。あまりにも下心みえみえのお客さんの相手をするのは精神的にも結構きつい。そして、お客さんとして途切れるのも早い。色々試行錯誤しながら自分に合うお客さんを厳選することがこの業界で長く働くための秘訣である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation