私には向いていたスーパーレジのアルバイト

野菜

スーパーのレジというと、少しダサいイメージがある。ただ、コンビニみたいに色々な仕事をしなくてもいいし、暇なときはレジに立っているだけでいい。足が痛くなることを除けば、私にとってはラクなアルバイトだった。

2つのスーパーでアルバイトをした

時期は違うが、2つのスーパーでアルバイトをした。2つともまあまあ大手のスーパーだったので、髪の色などの規則は厳しかった。しかし、入ってしまって半年もすれば少し規則を外れたことをしてもとやかく言われなくなった。アルバイトにもかかわらず、有給がもらえたり、割引で商品が変えたり、惣菜をもらえたりと結構おいしいアルバイトだった。

のんびりの朝イチ平日がおすすめ

スーパーレジのおすすめ時間帯は朝イチか、夜の締めの時間帯である。朝イチはお客さんがまばらでのんびり仕事が出来る。夜は廃棄のお惣菜が貰える。もちろんお店によって全然違うが、私の働いていたスーパーはこんな感じだった。ただ、朝イチでも休日となるとかなり混むので、平日がおすすめだ。ただ、学生の時はなかなか朝に入れない。なので夜に入ることも多かった。よく、夜に貰ってきたお惣菜を次の日のお弁当に詰めたりしていた。消費期限は当日だが、実際なんてことなかった。

足はかなり痛くなった

このアルバイトを始める前に友人から、足がかなり痛くなると聞いていた私だったが、あまり気に留めていなかった。実際やってみると、相当痛くなる。4時間くらい同じところに立っていると足がガチガチになる。この気楽なアルバイトで唯一辛いところといえば、この足の痛さだと私は思う。このアルバイトを始める前には、初期投資として足にいい靴を買うことをおすすめする。私はしまむらで1900円の安い靴を買ったので、足の裏が豆だらけになってしまった。

野菜やその他食品の価格相場が良く分かる

このアルバイトを始める前はキャベツは普段いくらで売っているだとか、マヨネーズは一本いくらだとか、価格の相場が全く分からなかった。アルバイトを始めてからは、レジを打つたびに価格を目にするので野菜の相場が自然と頭に入った。しかも、旬の野菜などもわかるようになる。賢い主婦になるための予行練習が出来た気がする。他のスーパーに行ったときも、野菜が高いか安いかは一目で分かるようになった。また、野菜に限らず処分品などは特売で売っていたりするのでいち早くゲットすることも出来た。

総合的に、スーパーレジのアルバイトは私に向いていた。人によっては品出しの方がいいという人もいるが、自分で考えて行動するのが面倒な人はレジをおすすめする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation