更新の時は家賃交渉をしてみよう

電話中ほとんどの賃貸は2年ごとに契約の更新がある。地域によってさまざまだが、関東圏の更新手続きは家賃の1か月分の更新手数料と、書類の取り交わしが行われる。この時ほとんどの不動産会社は郵送と振込で更新の手続きを契約者と取り交わすので、そのままスルーされがちだが「賃料交渉」が出来るということを忘れてはならない。

契約更新の際は絶交の賃料減額交渉のタイミング

まず、郵送で更新の案内が送られてきたら不動産会社に電話をして賃料減額の交渉を始めよう。その際にただストレートに「下げてください」というよりも「引っ越しを考えてて・・家賃が高くて・・」と相談するようなニュアンスで担当者に伝えるのがポイントだ。担当者に大屋さんと交渉してもらえるよう「相談」してみよう。

同じマンションで募集の出ている部屋の賃料はすかさずチェック

今はよっぽどいい物件でない限りなかなか入居者が決まらないので、大屋さんも賃料を下げる傾向にある。特に長らくその物件に住んでいる人は要注意だ。いつの間にか、隣のお部屋と1万円以上の差がついているなんてこともよくある話なのだ。なので、同じマンションで誰かが引っ越した場合は物件情報サイトで賃料をチェックしたほうがいい。1000円でも差がついてる場合はそのことを引き合いに出して賃料交渉に臨むとうまくいきやすい。

角部屋や階数によって賃料は変わる

もちろん自分の部屋が角部屋で、隣の部屋が中部屋であれば、角部屋の方が賃料は高くなる傾向にある。また階数によっても違う。1階と2階だと2階の方が高くなる傾向になる。なので、物件情報サイトで賃料をチェックするときは物件の間取りや階数もしっかりチェックしたうえで不動産会社に連絡した方がいい。

嫌な入居者よりも良い入居者の方が下がりやすい

不動産屋に勤めていると、毎日のようにクレームの電話がかかってくる。不動産業はクレーム請負業といっても過言ではないのだ。しかも、毎回クレームをつけてくる入居者は同じ人が多い。電話がかかってきて「またこの人か」となる。はっきり言って不動産会社はそんな入居者には賃料を下げてまで継続して住んでほしいとは思わない。なので実は大屋さんに相談もせずに相談したふりをして「大屋さんに相談しましたが、ダメでした」とわざと時間をおいて回答していることもおおいのだ。その逆で良い入居者にはもちろん長く住んでいてほしい。何事も、喧嘩ごしにならずにマイルドな対応を心掛けることが大切だ。

もちろん大屋さんが厳しい人で、相談してもダメな場合だって当然ある。大切なのは、更新の際に黙ってそのまま更新をするのでなく不動産会社の人とコンタクトをとってみることだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation