大失敗に終わった大学受験

キャンパス

高校時代は帰宅部でバイトと遊びに明け暮れる日々を送った私だったが、高校二年も中盤に差し掛かると段々将来の進路について考えるようになってきた。遊ぶこととバイトが命だった私は、まだ働くという選択肢はなかった。なので、大学進学することに決めた。

さっそく予備校へ通い始める

さっそく大学受験する旨を親に相談したところ、予備校に通わせてくれることになった。一緒に大学受験する友達も何人かいたので、みんな一緒の予備校に通いはじめた。そもそも、ここが失敗のはじまりだった。

予備校=座談会会場

予備校にはもちろん毎日行く。まっすぐ帰っても親になんだかんだ言われるので、とりあえず予備校に向かった。行けば、誰かしら友達がいる。最初は机に向かうが、途中でトイレに行ったり外の空気を吸いに行ったりすると誰かに遭遇する。そこで大体話し始めると気づけば夜に。ろくに勉強もせず帰宅する日々が続く。

そんなこんなで高校3年になる

そんなことを続けているうちに高校3年になってしまった。なんとなく志望校も決まり、みんな本腰が入りはじめる。私もなんとなく志望校が決まってきた。世間にいう「マーチ」の中の一つの大学。学園祭等の行事はもちろん行った。行くたびにここに行ってオレンジデイズ(テレビドラマの)みたいな日々が送れたら最高!という妄想が広がっていった。ちょうどそのころ中学から付き合っていた彼氏とも別れた。

彼氏との別れをきっかけに、ついに受験勉強に本気になる

当時私は3年ほど付き合っていた彼氏がいたが、予備校に通い始めたくらいから会う回数が減り、結局別れることになった。わりと長く付き合っていたけど、別れるときは自然消滅的な感じでなんともあっけなかった。そのことをきっかけに「大学で新しい彼氏をゲットして、華のキャンパスライフを送る」という強い目標ができた。何とも不純な動機だが、これが私のやる気の原動力となった。

時すでに遅し

しかし、そのころは受験勉強も終盤に差し掛かる夏の終わり。よく予備校では「まだ間に合う」を掲げて生徒を呼び込んでいるが、間に合う人なんてほんとわずか。もともと頭がいいか、それまで自力で勉強していたひとのみだと思う。何もないところから夏に始めたって、合格するはずがない。けど、それは後から思ったことで私はこの時から本気で勉強しようと心に誓う。

全滅

夏の模擬ではE判定だった私だが、猛勉強の結果判定はCをとれるまでになった。しかし結果は全滅に終わりセンター試験で受かった小さい名の知れぬ大学に行くこととなった。大学生活の妄想が膨らんでいた私は一気に落ち込んだ。そして半分やけになって一人暮らしを始めたのだ。今でもあの時志望校けてれば・・と思うことがあるが、大学で旦那にも会えたわけだし、少なからず友達もできたので良しとしよう・・と最近は思うことができるようになった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation