就職活動を成功させるために大切なこと

就職活動中

以前ブログで就職活動にとても苦労した話を紹介した。今回は就職活動を通して学んだ、「就職活動を成功させるために大切なこと」を紹介していく。

自己分析はとても大事

私の大学は小さい大学ながらも、就職活動に手厚いサポートがあることで多少なりとも有名だった。大学での就職セミナーで耳にタコが出来るほど聞かされたフレーズ「自己分析」。セミナーに行くたびに「自己分析をなくして就職活動の成功はない」と言われてきた。けれど大学をハナから信用していなかった私は、全く聞く耳を持たなかった。「自己分析とかめんどくさい」としか思っていなかった。結果、面接時に大学在学時に自分のやってきたこと、卒業後(就職後)やりたいことが全くつながらない。話にまとまりが出ないので、面接でうまくしゃべれない。最終的に採用までたどり着けないの繰り返しだった。

紙に自分の好きなこと・興味のあることを書き出してみよう

めんどくさいまずと思われがちな自己分析だが、実は意外と簡単に出来るのだ。まず、紙を用意しよう。紙に自分の好きなことや、今興味を持っていることを書き出してみよう。本当になんでもいい。女子であればネイルでもプチ整形でも「こんなものでもいいの」って思うものまで、とりあえず書き出してみる。沢山書き出すことで、そこから見えてくるものが絶対にあるからだ。

次にやってきたこと(アルバイトの経験やサークル活動など)を書き出してみよう

例えば「ボランティア活動」とかであれば何だか面接時にも好印象な気がする。でもここでは「サークルの飲み会では盛り上げ役になることが多かった」「パチンコ屋さんのアルバイトを大学時代ずっと続けていた」など、面接時に言いにくいことでも書き出してもらって良い。思いつくだけ書いてみよう。

つながりを考えよう

最初に書き出した「好きなこと」というのは、今後やりたいことにつながってくることが多い。そこを見直すだけでも面接時にアピールできることは山ほど増えてくる。書き出すことで色々と見えてなかったものが見えてくることも多い。自分に向いている職種もわかってくる。私のように、無駄に就職活動に費やす時間も減ってくるだろう。

自分を見つめなおそう

「自分を見つめなおす」といっても難しいように感じる。しかしこの「自己分析」やることによって、自分の見えなかった姿が見えてくることも多い。就職氷河期の今、自己分析を完璧にやったからといって希望の職業に就職できる保証はないのだけれど、やっておくに越したことはないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation