地獄だった中学時代・充実していた高校生時代

黒板

人生の中で一番充実していたのはいつかというと「高校時代」と真っ先に答える。親が転勤族だった私は、小学校中学校ともに転校を経験した。なので、入学と卒業はどちらも違う学校。当然友達も上辺の付き合いが多かった。

暗黒の中学時代を経て

中学2年生の時、今の実家に引っ越してきた私。気は進まなかったが、新しい中学に通いはじめた。私の転校した中学は部活に所属してない人はほとんど居なかったので、途中からでも部活に入らなくてはならないような雰囲気。海外に暮らしていた私は、部活なんて入っていなかった。突起して出来ることもなかったが、音楽が好きだったのと、ピアノをやっていたおかげで楽譜は読めたので吹奏楽部に入ることにした。

地獄のはじまり

吹奏楽部に入部してからというもの、地獄の日々の連続だった。そもそも私の中学の吹奏楽部の練習は超ストイックで、東日本大会にも連続出場していた。1年以上の遅れを取り戻すことが出来るはずもなく、常に居づらい雰囲気が漂っていた。なんでこんな部活に入部したのかと本当に後悔した。練習は朝7時から夜7時過ぎまで。大会近くなると夜は10時くらいまで。本当に大変だった。今でもあの日々を思い出すと、なんでも頑張れる気がする。

高校こそは楽しもうと決意する

高校受験が近づき、部活の練習に明け暮れていた私は成績も良くなかった。そんな中、色々と情報収集した結果、自分の行きたい高校が見つかった。しかし成績が良くなかったので、推薦を狙えるわけもなく、塾へ通うことにした。これは自慢だが、最終的に入学試験では、ほとんど満点を取った。これは私の自信につながり、最初の段階では絶対無理と言われていた志望校に行ける資格を手にすることが出来た。

最高に楽しい高校生活がはじまる

めでたく志望校に入学した私は、入学式当日からわくわくしていた。期待通り、入学式当日から友達もできた。その友達は、今現在も頻繁に連絡を取り合う仲だ。部活に入ろうかとも考えたが、結局入らなかった。もう中学時代みたいに時間や先輩に拘束される日々は経験したくない。部活には入らず、アルバイトをすることにした。これが、私のアルバイト人生の始まりでもある。ちなみに最初のアルバイトもスーパーのレジだ。なんだかんだ、スーパーのレジが私は好きなのだ。

最高に楽しかった高校時代

バイトに遊びに恋愛に、高校時代はなにもかもが楽しかった。若いっていいなと今でも思う。今の高校生たちにも、若さの素晴らしさを心から伝えたい。社会人になってしまうと世間体とか色々ある。親に迷惑かけない程度に高校時代ははっちゃけてもいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation